1. TOP
  2. 相続コンサル入門セミナーとは?

相続コンサル入門セミナーとは?

相続コンサル入門セミナーは、相続の知識を伝えることを目的とした学びではなく、相続コンサルを実践して頂くのに必要な知識、スキル、ノウハウをお伝えし、相続コンサルを実践して頂くことを目的として学びです。

相続対策のコンサルを行うには、相続に悩みや課題を持つ顧客に対して、顧客が気づいている顕在的な課題だけでなく潜在的な課題を抽出し、顧客の顕在的な課題と潜在的な課題を解決に導く対策案を提案し、対策の実行まで、行う必要があります。

また、顧客から見ると相続のコンサルという無形の商品は理解しにくいので、顧客に分かりやすくコンサルを受けてもらうために、難しいこをわかりやすく伝え、顧客にとってメリットがあることを具体的に理解してもらわなかければいけません。

本セミナーでは、こういった相続コンサルに必要な知識、スキル、顧客に伝えるノウハウを体系的にお伝えします。

相続コンサルに必要な知識

相続コンサルは、顧客が既に気付いている顕在的な課題とまだ気づいていない潜在的な課題を抽出する現状の分析を行い、課題を解決する為の対策案を立案し、実行していきます。

顧客の現状を分析する為には、相続税の税務、遺産分割の法務、相続の手続きという相続の知識だけでなく、日本人の個人資産の半分以上を占める不動産、相続対策の特効薬である生命保険など、一つ一つの財産についても分析し提案が出来る必要があります。

全ての対策の手続きをコンサルタントが一人で行うのは不可能です。しかし、顧客の家族構成や資産背景、顧客の想いや目標を考慮した上で、どこに問題や課題があり、何の対策をするのかという事を分析、判断して、課題の解決というゴールを定め、そのゴールに向かう為の手段として対策案をコンサルタントが道筋を作ります。

複数の人間がバラバラにゴールを考えたり、手段を考えても、対策に統一性も無く、個々の対策は優れていたとしてもトータルで考えると、良い対策にはほぼなりません。

下記の図は、コンサルタントが窓口にならず専門家同士で、顧客を紹介し合い対策を行う事で相互の強みや弱みを補完出来るように思えます。

実際そうでしょうか?実際には、対策をする時には下図のように、遺産分割の対策で遺言を用意するのであれば司法書士等、相続税は税理士、不動産不動産業者、生命保険は保険代理店、もしくはFPという形で、一つ一つの対策はバラバラになっているのではないでしょうか?

対策をする側から見ると補完しているように見えますが、総合的な対策ではなく個別の対処療法を集めている状態です。

顧客から見れば本来は、『総合的に考えて、今何に問題や課題があるのか?』、『目標とするゴールにはどのような選択肢を考えられるのか?』、『ゴールを決めたら、ゴールに向かう為に逆算してどのようなプロセスで行うのか?』ということが重要なので、家族構成や資産背景、顧客の想いや目標などから現状を分析する事がバラバラになってしまうと対策もバラバラになってしまいます。

様々な対策が横断的にトータルで考えられるからこそ、現状に課題や問題がどこにあるのか、何の対策があるのかという事がわかるはずです。

だからこそコンサルタントが顧客の窓口になり、しっかりと現状を分析し、対策に必要な専門家(スペシャリスト)を集め、対策をすることで対処療法ではなく根治療法の対策が出来るのです。

このようにコンサルタントという立場で顧客の相続対策を行う事で、顧客が気づいている問題や課題だけでなく、顧客の気付いていない問題や課題なども気づくことができ、顧客も喜び、仕事も広がり、お互いwinwinの関係になることができます。

顧客心理を理解してビジネスを構築するノウハウ

しかしここで問題があります。
もともと士業などの先生業もそうですが、コンサルという無形の商品は非常に見込み客に伝わりにくいという事です。

どんなに知識があっても、どんなにいいサービスを提供できても、見込み客にそれが伝わり、あなたを選んでくれないと、何も始まりません。

本当は顧客にとって重要な対策で、他社と比べて良い内容の提案だったとしても、顧客が内容が分からず、伝わらなかったら、あなたからサービスは受けません。顧客の課題を解決する為に必要な現状を分析する知識やスキル、対策を提供出来る準備があったとしても選んで頂かなければ意味が無いのです。

顧客の現状を分析して、対策の実施まで行う知識やスキルとは別に、顧客に選ばれるビジネスをしっかりと構築する必要があるのです。

現状分析や対策などの知識やスキルあり、顧客心理を理解したビジネスを構築出来ているからこそ、見込み客があなたを選び、より良い相続対策が出来るのです。

 

 

このように相続コンサルをする上では、相続の知識をつけるだけではなく、コンサルに必要な知識と顧客心理を理解したビジネスを構築することで、顧客から見ればより良いサービスを受ける事が出来、コンサルタントから見ればコンサルティングや対策が受注出来るのです。

相続コンサルティング実践セミナーでは、相続コンサルに特化して、顧客心理を考えた初期接客から対策の実施までのビジネス構築のノウハウ、そのコンサルに必要な知識、スキルを体系的にお伝えするセミナーです。