一週間購読をしてくれたあなたに、Amazon 部門第1位を獲得した地主・大家の相続コンサルの知識が凝縮された書籍2冊をなんと・・・100円でプレゼント!

※価格には送料が含まれています。
※2営業日以内に発送いたします。

 

 

カートに入れる

 

 

書籍の紹介

 

 

 

「知らなかった」ではすまされない 地主・大家の相続対策の本質

 

 

 

 

【 内 容 】

 

 

年間100件を超える相続相談に単身で応え、数十億単位の資産の相続にも最適な対策を提供し続けている著者が明かす、「全体」を見据えた一族繁栄のための相続対策の「本質」とは?「遺言作成」、「生命保険」、「賃貸アパート建築」など、対策のパーツ(部分)のみを販売するための切り口として相続対策を謳う業者の話だけを鵜呑みすると思わぬ落とし穴が。

 

 

1資産の現状のトータルな分析
2問題・課題の抽出
3対策の実施

 

の順に、図版も多用しながら解説しています。

 

 

【 目 次 】

 

はじめに

 

【第一章】間違いだらけの相続対策

 

相続対策はやり方を間違えると争族の原因や資産を失う
事例1 地主家系何も用意しなかった場合
事例2 司法書士に用意してもらった遺言
事例3 アパート建築
相続対策で失敗しない為に行うべきこと

 

【第二章】相続対策の基本

 

相続対策の基本
相続人の確定
相続税の計算
相続財産の評価方法
相続税評価の生命保険の評価方法
相続税評価の有価証券の評価方法
相続税評価の非上場株式の評価方法
相続税評価の動産等の評価方法
相続税評価の不動産の評価方法①
相続税評価の不動産の評価方法②
相続税の計算で押さえておきたい特例、評価方法等
配偶者の税額軽減
小規模宅地の特例
広大地の評価
時価評価と相続税評価の違い
遺産分割時に気を付けるべき時価評価と相続税評価
不動産の価値

 

【第三章】現状分析

 

現状分析の重要性
分析すべき現状とは
不動産別固有のリスク、課題
賃貸不動産経営をする上で知っておきたい財務諸表
損益計算書(P/L)
貸借対照表(B/S)
キャッシュフロー計算
損益計算とキャッシュフロー計算の違い
個別の不動産の投資分析を行う為の投資指標
不動産の利益の物差し
不動産の利益率
不動産の利回り
レバレッジ
不動産の健全性を見る指標
税金の計算上の所得は黒字でも、キャッシュフローでは赤字になる現象
相続税評価に対して高い収益率か低い収益率を計る指標
賃貸経営状況確認

 

【第四章】問題、課題の抽出

 

現状分析からみる問題、課題
相続に有利な不動産と不利な不動産の見極め
賃貸経営から見る課題
相続対策での有価証券
相続税申告で問題になりやすい名義預金
気をつけたい生命保険のポイント
今現在だけでなく時系列で考える
時系列で考える収支、純資産、相続税

 

【第五章】対策の実施

 

対策の実施にあたって
対策の実施にあたる前に押さえるべき相続発生後の流れ
名義預金、名義保険、生命保険の整理
遺産分割対策における遺言の活用
相続人を増やす養子縁組
特例の適用要件を整える
土地の分割方法を工夫する
生前贈与
賃貸経営改善による相続対策
デッドクロスの改善で納税資金の確保
既存不動産の修繕、リノベーション
相続、贈与、譲渡の効率の良い移転
資産の組替
不動産の売却
アパート、マンション建築
不動産の購入
二次相続対策
相続対策を誰と進めるか

 

【第六章】

 

あとがき

 

 

【 読者の声 】

 

 

★★★★★

 

難しいけど、知って良かった

 

難しかった。でも、難しいから知らなくていいのと、難しいけど概要を知って引き出しとして持つ事が違うこと、引き出しを持つことが大切なことがわかった。

 

 

★★★★★

 

相続税だけ考えると失敗することを始めて知った

 

今まで相続税しか考えていなかったが、相続税だけを考えても手残りの資産は分からないことに気づかなかったがこの本で教えてもらった。

 

 

★★★★★

 

読みやすい文体、文調

 

昨今、多用され気味の、「外来語」を極力使わず、中高年者にも読みやすかったです。

 

ぜひ、お勧めいたします。

 

 

★★★★★

 

相続対策を知ることが出来た。

 

相続の本をいくつか読んだが知識だけでなくしっかりとした対策を知ることが出来た。

 

 

★★★★★

 

とても体系的に数値化されている。

 

知人に見せてもらって即購入。

 

ここまで体系的に、数値化された相続対策は始めて見た。とても必要な知識だと思う。

 

 

★★★★★

 

是非実践してみたい内容が多い

 

対策をいきなり考えるのではなく、しっかりと現状を分析するところから始めることが重要なのが分かった。

 

相続税を計算するだけでなく、不動産の経営、生命保険など、しっかりと分析してみたいと思う。

 

 

★★★★★

 

とても参考になります。

 

内容は少々難しいが、とても実践的な内容です。

 

現状分析、課題の抽出、対策、でれも実践的な内容で、これから機会があった際はぜひ内容を参考にして実行したいと思います!

 

 

★★★★★

 

内容は難しかったが対策を進める相手には求めたい内容

 

自分で全てを理解する事は難しいけど、対策を進める相手には知っておいて欲しい内容だと思う

 

 

★★★★★

 

期待通り顧客本位の内容だった

 

著者のセミナーに参加したことがあるが、顧客本位の内容だったので本も購入した。
内容は難しいが相続対策を進める相談相手には求めたい内容。

 

 

★★★★★

 

相続対策の教科書的な本だと思う

 

一気に読み進めました。業者の自分が見ても非常に内容がしっかりしていて、相続コンサルティングの教科書的な本だと感じます。

 

文字が小さいところはお年寄りには読みづらいと思いますが、筆者の経験と情報がそれだけ詰め込まれている印象です。とても参考になりました。

 

 

 

 

カートに入れる

 

 

 

 

徹底分析!不動産投資・賃貸経営の成功戦略

 

 

 

 

【 内 容 】

 

 

不動産投資、賃貸経営の基礎、購入や建築の入り口、保有期間、出口までをしっかりと数字で分析を行い、分析した数字を体系的に実務に落とす方法をお伝えしています。

 

また、不動産投資、賃貸経営はゴールではなく、資産形成の手段でしかありません。

 

その資産形成を考える上で必要なポートフォリオの考え方、財務分析、リスク分散に対する考え方まで網羅しています。

 

 

【 目 次 】

 

第1章 資産形成の基礎

 

資産の単位
押さえておきたい財務諸表
損益計算書(P/L)
個人の所得税
貸借対照表(B/S)
キャッシュフロー
損益計算書(P/L)とキャッシュフローの関係
時価と簿価の貸借対照表(B/S)
形成すべき資産とは

 

第2章 不動産投資の概要

 

投資の基本
利益率と利回り
利益率
健全性の指標
複利
利回り
複利のレバレッジ
損益計算とキャッシュフローの黒字の違い
本章のまとめ

 

第3章 入口(購入・建築)

 

不動産の価値
不動産投資の類型
不動産投資のタイミング
不動産投資のリスク
検討物件の調査
不動産の状況調査
環境調査
法的調査
経済的調査
融資
投資判断

 

第4章 保有期間

 

保有期間の概要
保有期間の3つの業務
テナント賃貸管理業務
運営業務
建物管理業務
修繕計画

 

第5章 出口(売却)

 

出口のタイミング
出口を見据えた修繕計画
アービトラージ
不動産を高く売却するには

 

第6章 ポートフォリオ

 

ポートフォリオ
資産全体の収益率
不動産購入時にいくらの自己資金を入れるか
リスク分散

 

あとがき
巻末資料篇

 

 

【 読者の声 】

 

 

★★★★

 

不動産投資を実際に行っている人、あるいは不動産投資の知識がある程度ある人であれば、入口から出口までを更にしっかりと学べる著書だと思います。

 

単に損益の過多だけではなく、貸借対照表の要素であるB/Sもみることなどが資産形成の基礎となるという点は、盲点でした。また、不動産投資の概要や、実際の購入から売却までに必要となる知識も必見。正に不動産投資の教科書と言えるのではないかと思います。巻末資料篇もうれしいですね♪

 

星4つにしているのは、不動産投資未経験者やその知識がゼロに近い人には、すぐに理解しづらいという意味です。

 

ただ、そのような人もこの本を何度も読み返すことで、不動産投資のメリット・デメリット、その醍醐味を理解できるのではないでしょうか。おススメです。

 

 

★★★★★

 

著者のセミナーに参加したことがあり、予約をして購入しました。

 

投資的な要素や賃貸経営の要素を体系的に網羅されていて、とても参考になります。
図も多いのでイメージしやすかったです。

 

 

★★★★★

 

3部屋の区分を持ってますが、この本を読んだ後にすぐに分析してみました。

 

不動産を何となく持っていましたが、この本のおかげで成功への道筋が見えました。

 

4部屋目を購入が楽しみになりました。購入者特典でエクセルシートを貰えるのも魅力です。

 

 

★★★★★

 

価値より価格が高騰してる今だからこそ不動産投資家は読んだ方が良い一冊でした。

 

不動産におけるリスクや含み損の話はとても参考になりました。

 

 

★★★★★

 

今まで多くの投資の本を読んできましたが、この本を読んで投資への考え方が変わりました。

 

財務的な視点、利回りの考え方、 不動産の価値について、運営について、売却のポイント、ポートフォリオについてわかりやすく書かれています。

 

この本で学んだ事を今行ってる不動産投資で実践してみます。

 

 

★★★★★

 

前作がとても勉強になる内容だったので、新刊も購入しました。

 

不動産投資のルールが丁寧に、踏み込んで書いてあります。

 

特にポートフォリオでの資産運用、ROA、ROEの考え方は、ミクロでしか考えてなかった私には大きなインパクトでした。

 

不動産投資、資産運用を考えてる人はもちろん、提案している業者の人にもオススメの本です。

 

 

★★★★★

 

前作もよかったですが、新刊は更に整理されていているので集中して読破できました。

 

一般的に企業分析では使われている指標を個人に置き換えて考えるととても勉強になりました。

 

不動産投資をされている方はもちろん、金融資産運用を実践されている方にもオススメします。

 

 

★★★★★

 

豊田さんの本を読んだのは2冊目です。

 

初心者の私でも、図が多くとても読みやすかったです。

 

これから不動産投資など始めようと考えている方にはお勧めです。

 

大変勉強になりました。

 

 

★★★★★

 

近年、不動産に関する書籍は数多く出版されていますが、初心者から実践者まで学びの多い良書だと思います。

 

エリアや属性に関係なく、正攻法を学びたい方にはオススメの一冊です。

 

 

★★★★★

 

著者の前に出した本も良かったので今回も購入。

 

何かに偏った内容ではなく原理原則が、とても体系的に書かれていて勉強になった。

 

 

読者プレゼント

 

 

今回購入者特典として、購入して頂いた方全員に、本書で出てくるレントロール、スタッキング、キャッシュフロー表、ポートフォリオ分析表をエクセルで無料でプレゼントします。

 

書籍にエクセルのプレゼントの申し込みフォームのURL、QRコードがありますので、申し込みフォームよりお申込みください。

 

 

 

 

カートに入れる